NPO法人 CANBEcanbe_logo2.pngChild Animal Nature Bond Education

病院紹介 診療案内 施設案内
どうぶつ美容室・ホテル ほめてしつける、しつけ教室 CANBE:子供のための絆、動物と自然の絆 老人保健施設訪問活動
病院イメージ

TEL 052-800-2600

〒470-0162
愛知県愛知郡東郷町春木音貝107

午前の部

9 : 30 am ~12:00 am

(受付終了11:40)

午後の部

16 : 00 pm ~ 18:00pm

(受付終了17:40)
※日曜と木曜は午後休診。

 

bn_caloopet_230529.png

主旨と背景

子供のための動物と自然の絆教育研究会

-動物が持つ特殊な力を、人の社会の必要なところへ-


獣徳会 はJAHA認定病院として日ごろから「人と動物のよりよい関係」(ヒューマンアニマルボンド HAB)を築く活動を推進しており、動物が大好きな子供世代からより楽しく、また事故のない動物とのふれあいの素晴らしさを身につけることがとても大切なことだと考えています。

DSCF0102.jpg 20100901_5180.jpg 20100721_4926.jpg

 

CANBE “Can be…”とは英語で「…になることができる」という可能性を秘めた言葉ですが、日本語の私たちの法人名は 子供のための動物と自然の絆 教育研究会:Child Animal Nature Bond Education の頭文字を並べたものです。

愛知県在住の児童・学童およびそのご父兄方などに向け、動物や自然を大切にする心の育成に関る教育事業を行い、動物や自然との交流が少なくなりがちな現代社会の子供をとりまく環境の改善を図り、「命の大切さ」「動物と人、自然との関係」の体感教育を通して、動物や自然への配慮や環境問題への意識の増進に持続的に寄与することを目的として、2009年6月特定非営利活動法人(NPO法人)CANBE(キャンビイ)を設立いたしました。

上記の目的を達成するため

◇子どもの健全育成を図る活動
◇環境の保全を図る活動の二つの特定非営利活動をおこなっていきます。

 

具体的な内容は

① 動物との正しい関わり方の教育に関する事業

② 命の大切さを伝え、動物や自然を大切にする心を育む教育に関わる事業

③ 子供と動物が関わる場所、例えば移動動物園などへ啓蒙教材などの提供事業

④ 動物とのふれあいによる訪問を目的とする事業(病院小児科病棟訪問などでのアニマルセラピー)となっています。

 

いずれも、動物病院に勤務する獣医師を始め、動物看護士、しつけインストラクター、グルーマー(動物美容師)と老健施設などの訪問活動ですでに活躍している経験豊富な飼主と、訓練および指定の獣医学的検査を受けた健康な犬による活動です。

 

この取り組みは2006年から続いている中で、一件の事故も記録がございません。

 

これまで数々の新聞掲載や地元各報道機関から取材、問合せなどを受け、本会活動に対する社会、教育現場における大きな期待を感じております。

 

また、2014年5月には、第6回 日本動物大賞にて『動物愛護賞』を受賞しました。

 

今後も多方面の方々のご協力により、当会ミッションは専門家とともに教育現場が一体となって、より充実した教育を継続的に供給できる会を目指します。

 

幼児、児童期は人間形成において、命の重みを自然に感じ、弱いものをいたわる心がはぐくまれる重要な時期であり、本来は自然、動物、家族や地域社会との関わりの中で、ごく普通に身についてきたものなのかもしれません。現在の核家族化、地域社会における相互関係、自然や動物との交わりの希薄化をはじめ、低年齢からのコンピューターゲームの浸透の結果、子供をとりまく環境はますます悪化し、命の大切さを体得することができないという大きな問題を多く耳にします。青少年による耳を疑いたくなるような凄惨な犯罪など、最近の悲しいニュースに、私たちは自然や動物と接する機会を失いつつあることの危険性をますます身近に感じています。

 

ヒューマンアニマルボンドをめぐる実質的研究は70年代にアメリカやヨーロッパの獣医学、精神医学、動物行動学、教育学、社会学、脳科学、児童発達学などの各分野の複合的な協力によってはじまり、いまや教育、福祉、医療の各分野で応用されるまでに発展し、われわれは臨床分野においての貢献にとどまらず、専門家として児童教育と社会貢献にこの効果を活用することを目的としてこの活動を始めました。

 

ペットブームを背景に一見、豊かな動物とのふれあいは広がっているように思われがちですが、ふれあい広場と名のつく場所では、何頭かの無抵抗のウサギやモルモットが、指導のないままに放置され、扱い方を知らないだけの罪のない子供たちに放り投げられている現実があり、犬の表情の変化やTPOを知らない子供たちが、動物がたまらなく好きという純粋な気持ちだけで無防備に近寄るために起こる咬傷事故は、将来トラウマとなってのこります。本来多くの子供が自然にもっている、かわいらしい動物をいとおしいと感じるその気持ちを、楽しくふれあうことで、より一層価値のあるものとして、大切に育んであげましょう。

20100721_4901.jpg 15_2.jpg 15_1.jpg
     


「子供のための動物と自然の絆」教育活動 概要

開催日程 平均毎月1~2回を予定。
開催場所 愛知県内および名古屋市・東郷町を中心とした各教育児童機関
主 催 NPO活動法人 CANBE 子供のための動物と自然の絆教育研究会
共 催 獣徳会
テーマ 科学的、獣医学的根拠に基づいたいのちの教育の普及。
犬との出会い、ふれあい方の実践と体得。
日本ヒューマンアニマルボンド・ソサイエティ(J-HANBS)
ヒューマンアニマルボンド教育課程、北米大学動物福祉課程およびアメリカ ヒューメイン・ソサイエティの児童動物福祉教育内容を基本に、対象となる地域や子供の年齢に最適な内容を検討し供給します。
スタッフ構成 専門教育指導員を含む獣医師、動物看護師、しつけインストラクター
グルーマー、JAHA認定パートナーズ(動物介在活動プログラムへの参加貢献を目的として、定められた一定の評価基準を達成した優秀な家庭犬とその飼い主とのパートナーズ) 動物病院スタッフ 動物看護実習生 ほか

 

イベントに参加する犬は獣医師により健康チェックを受け、会の前日にきれいにグルーミングを済ませた清潔で、またボランティア経験のある安全な犬たちです。

 

アレルギー疾患を持つ子供たちに関する話し合いなどは事前に細かく行われ、アレルギーの危険性の極めて低いプードル犬と、実際に手を触れることなく楽しめるプログラムなども提供しています。

今年の主な内容

・「生物多様性とは」対象:小学校学童
・「命があるってどんなこと?」対象:学童、幼児全般
・「知っていますか・犬の気持ち、あんな顔こんな顔」対象:児童全般
・「犬との安全で楽しいふれあい方 出会いから触り方まで」対象:児童全般
・「犬に咬まれないためには」対象:児童全般

 

今年度の予定はこちらへ

 

命の教育活動に参加しませんか?

お手伝いをして下さる方を募集しています!!!
「犬が大好き」「子供が好き」という方ならどなたでも歓迎します♪

飼い主さんと犬とのパートナーでも、人だけの参加も募集します。
犬と子供が大好きで、ご都合のよい日に小学校、幼稚園で子供たちに動物のふれあいの楽しさを教えてあげたい!一緒に楽しみたい!と思っている方、どうぞお気軽にお問い合わせください。当院の患者さんじゃなくてももちろん、OKですよ♪
毎月約1回、午後1時からの3時までの約1時間を基本に各教育機関にて開催します。
詳しくはメールでお問い合わせをお願いします。スタッフにもお気軽にお問い合わせください。

jamc@jyutokukai.com
担当:村上(塩谷)
獣医師 吉田

btn_pagetop.png